日本空手道直心流会

時事NEWS

2017/11/12 第40回 直心流会少年少女空手道競技大会

去る、11月12日(日)常滑市 サザンアリーナにおいて、第40回 直心流会少年少女空手道競技大会が、多くの選手および役員が集結し盛大に開催されました。育成委員の方々、また補助員の方々のご協力により大会運営もスムーズに行えました事を、この場をお借りして御礼申し上げます。

選手諸君、よく頑張りました!惜しくも入賞を逃した選手諸君は、この悔しさをバネに次回の大会に向けて、頑張ってください。

≪入賞者一覧≫
【低学年組手】
優 勝:園田 輝   (日)
準優勝:大橋 志成(丹)
三 位:鈴木 一叶(野)
敢闘賞:近藤 紫琉(専)

【中学年組手】
優 勝:小川 竜矢   (野)
準優勝:江尻 遼      (専)
三 位:山下 大翔   (日)
敢闘賞:青木 佑喜斗(専)

【高学年組手】
優 勝:奥田 駈      (日)
準優勝:佐野 遥紀   (日)
三 位:山下 大輝   (日)
敢闘賞:佐原 ひまり(野)

【中学生組手】
優 勝:大西 健太   (専)
準優勝:佐々木 七緒(日)
三 位:松澤 匠記   (丹)
敢闘賞:岡村 美空   (野)

【小学生初級形】
優 勝:鈴木 心晴   (野)
準優勝:大河原 悠花(専)
三 位:池澤 あみ   (心)
敢闘賞:松浦 有寿   (心)

【低学年黄・水色帯形】
優 勝:鈴木 一叶(野)
準優勝:近藤 紫琉(専)
三 位:東川 遙士(奥)
敢闘賞:園田 輝   (日)

【高学年黄・水色帯形】
優 勝:宮崎 海斗   (日)
準優勝:佐野 心美   (日)
三 位:青木 佑喜斗(専)
敢闘賞:高橋 吾歩   (専)

【4年生以下紫帯以上有級形】
優 勝:岩田 梓乃音 (野)
準優勝:杉江 輝俐    (征)
三 位:竹内 姫織    (征)
敢闘賞:小川 竜矢    (野)

【高学年紫帯以上有級形】
優 勝:山下 大輝   (日)
準優勝:小田 ソワレ(鍾)
三 位:坪井 奏音   (日)
敢闘賞:鈴木 琉己亜(奥)

【中学生有級形】
優 勝:岡村 美空(野)
準優勝:木村 薫美(奥)
三 位:松澤 匠記(丹)

【小・中学生有段形】
優 勝:大西 健太(専)
準優勝:奥田 駈   (日)
三 位:岩田 蒼憲(野)
敢闘賞:鈴木 温大(野)

2017/10/29 直心流会 審判研修会

去る、10月29日(日)審判研修会が、名古屋市東スポーツセンターで開催されました。宗家を筆頭に師範、指導員、および道場指導員が集結し、審判部長のもと審判技術の向上に取り組みました。
研修会では、まず座学にて全日本空手道連盟の競技規定の確認と解説、当会の選手権大会での申し合わせ事項の確認を行い、実技では実際に選手を交えて実践形式での指導をして頂きました。本研修会に参加した指導者は、今回得た経験を自身の審判技術向上に繋げて頂きたいと思います。

組手選手として参加した会員諸君、ご苦労様でした。今回得た経験は必ず皆さんの力となります。研修会で学んだ点や指導された点を道場に持ち帰り、稽古の課題として更なる競技力の向上に繋げて頂きたいと思います。

2017/10/29 日本空手道連盟公認級位審査会

去る、10月29日(日)全日本空手道連盟公認級位審査会が名古屋市東スポーツセンターで開催されました。

公認級位は、全日本空手道連盟が定める級位であり、県大会等に出場する場合は取得が必須となります。審査会で合格した会員は、今回の結果に満足せず、更に上の級位の合格を目指して頂きたいと思います。今回審査会に挑戦しなかった会員の皆さんは、直心流会の級位だけでなく、公認級位も取得し、県大会など外の大会にも挑戦して頂きたい。

また、一級位に合格すると公認段位への受験資格を得ることになります。各支部で鍛錬を重ね、公認段位受験にも積極的に挑戦しましょう!!

2017/9/10 後期統一昇段・級(1・2級)審査会

去る、9月10日(日)名古屋市北スポーツセンターにおいて、後期統一昇段・級(1・2級)審査会が開催されました。

審査会では宗家から、前屈立ちの足の位置やつま先の方向など立ちの基礎が疎かになっている。また、結び立ちや八字立ちなど、基礎的な立ちが正しく出来ていないと注意を受けました。結び立ちなどは入門時に習う最も基礎的な立ちです。道場では初心を忘れず、基礎を大切にし、日々の練習に臨んで頂きたいと思います。

≪段位合格者≫
【少年初段位】
・佐原 ひまり(野)

2017/8/27 直心流会 強化練習会および審判研修会

去る、8月27日(日)名古屋市北スポーツセンターにおいて、直心流会の強化練習会および審判研修会が開催されました。

強化練習会では指導部長のもと、各支部の師範および指導員が参加した会員に対して組手競技の指導を行いました。組手の基本的なステップワークから、突きや蹴りなどのコンビネーションの練習、実際に防具を装着した試合形式の練習など、充実した強化練習会になったと思います。
強化練習会は、他支部の師範並び指導員から指導を受けられる貴重な機会です。会員の皆さんはこの機会を逃さず、積極的に参加し、競技力を高めて頂きたいと思います。

2017/8/13 外部審判講習会

去る、8月13日(日)名古屋市北スポーツセンターにおいて、北区空手道連盟が主催する審判講習会が開催され、直心流会からも師範・指導員クラスが出席し、審判技術の向上を目指し講習に取り組みました。
講習会では全日本空手道連盟公認全国審判の資格を持つ先生方から、組手競技の審判技術に対する指導が主体となり、座学と実技を指導して頂きました。座学では全日本空手道連盟の規程内容の確認と解説、実技では審判のジェスチャーと発声を重点的に練習し、組手選手を交えて試合形式での指導をして頂きました。外部講習会に参加した指導者は、講習会で学んだ点や指導して頂いた点をよく理解し、審判技術の向上に繋げて頂きたいと思います。

組手選手として参加した会員の皆さん、お疲れ様でした。他流派の会員との練習により、貴重な経験を得ることが出来たと思います。学んだ点や気づいた点を思い出し、自分の力、技術としてください。また、今回参加出来なかった会員の皆さんも、次回は積極的に参加し、組手の競技力を高めていきましょう!

2017/07/23 前期指導者研修会

去る、7月23日(日)名古屋市北スポーツセンターにおいて、直心流会前期指導者研修会が開催されました。宗家を筆頭に師範、指導員、および道場指導員が集結し、指導部長のもと、昇段試験項目の一つである「崩し技」を指導して頂きました。
当会の崩し技には、大内刈り、横十字、小股すくい、蹴込み、背刀打ち、踵蹴りの6手があり、これらの崩し技は二人(掛け手と受け手)で行います。現在の審査会では、組手と崩し技のどちらかを選択する事が出来ますが、有段者として必要な技術となります。まだ習っていない会員は、所属道場で師範・指導員から教わり、自分の技術としてください。

2017/07/02 第35回 全知多空手道競技大会

去る、7月2日(日)知多市民体育館において、第35回 全知多空手道競技大会(全知多空手道連盟主催)が盛大に開催され、知多半島の各市町から多くの選手および役員が参加し、形・組手の計26部門において熱戦が繰り広げられました。
参加した直心流会の選手たちも、日頃の練習成果を発揮することできたと思います。

【小学生3年形の部】
優勝:岩田 梓乃音(野)

【小学生5年形の部】
敢闘賞:杉江 由成(征)・鈴木 温大(野)

【小学1年男女組手の部】
敢闘賞:鈴木 一叶(野)・園田 輝(日)

【小学4年男子組手の部】
敢闘賞:高橋 吾歩(専)

【小学5年男子組手の部】
優勝:鈴木 温大(野)
 3位:岩田 蒼憲(野)

【中学生女子組手の部】
3位:佐々木 七緒(日)

【一般女子組手の部】
準優勝:奥田 ひなた(日)

2017/06/24 全日本空手道連盟公認段位審査会

去る、6月24日(日)日本ガイシホールにおいて、全日本空手道連盟公認初段~参段位審査会が開催されました。

公認段位は全日本空手道連盟が定める段位となります。昨年度からは公認級位が定められ、県大会等に出場するには公認級位が必要となりました。会員の皆さんは、直心流会の段位のみならず、積極的に公認段位および級位に挑戦して頂きたいと思います。

【公認段位合格者】
初段位:
・松木平 和人(征心館道場)

・浅野 瑞稀   (奥田道場)

・河江 到和   (専心塾道場)

弐段位:
・皿井 隆子   (心成館道場)

2017/06/11 第40回 直心流会 空手道選手権大会

去る、6月11日(日)露橋スポーツセンターにおいて、第40回 直心流会選手権大会が、多くの選手および役員が集結し盛大に開催されました。
育成委員の方々、また補助員の方々のご協力により大会運営もスムーズに行えました事を、この場をお借りして御礼申し上げます。

入賞した各選手おめでとうございます!また、惜しくも入賞を逃してしまった選手も良く頑張りました!今回の悔しさを胸に、次の大会で良い成績を残せるよう頑張ってください!

≪入賞者一覧≫
【低学年組手】
優 勝:園田 輝   (日)
準優勝:鈴木 一叶(野)
三 位:近藤 紫琉(専)
敢闘賞:上間 敢太(日)

【中学年組手】
優 勝:江尻 遼   (専)
準優勝:小川 竜矢(野)
三 位:水野 寛斗(丹)
敢闘賞:山下 大翔(日)

【高学年組手】
優 勝:奥田 駈 (日)
準優勝:岩田 蒼憲(野)
三 位:小川 花凛(野)
敢闘賞:大島 魁莉(野)

【中学生男子組手】
優 勝:松澤 匠記(丹)
準優勝:本多 生樹(専)
三 位:大西 健太(専)

【中学生以上女子組手】
優 勝:佐々木 七緒(日)
準優勝:  菅原  雪菜(専)

【一般男子組手】
優 勝:河江 到和(専)

【小学生初級形】
優 勝:大河原  悠花(専)
準優勝:  三村 樹希(野)
三 位:  鈴木 一叶(野)
敢闘賞:  浅井 勇真(野)

【小学生黄・水色帯形】
優 勝:岩田 梓乃音(野)
準優勝:南部 翔汰   (野)
三 位:大島 魁莉   (野)
敢闘賞:夏目 光翼   (野)

【小学生紫帯形】
優 勝:竹内 姫織(征)
準優勝:江尻 澪   (専)
三 位:江尻 遼   (専)
敢闘賞:渡邉 昇真(丹)

【小学生緑帯形】
優 勝:杉江 輝俐(征)
準優勝:河江 啓人(専)

【小学生茶帯形】
優 勝:佐原 ひまり(野)
準優勝:清水 友貴   (日)

【中学生以上有級形】
優 勝:木村 薫美   (奥)
準優勝:本多 生樹   (専)
三 位:松澤 匠記   (丹)
敢闘賞:浅野 瑚太郎(専)

【小・中学生有段形】
優 勝:佐々木 七緒(日)
準優勝: 杉江 由成(征)
三 位: 大西 健太(専)
敢闘賞: 奥田 駈   (日)

【一般有段形】
優 勝:河江 到和(専)

【団体総合】
優   勝:専心塾道場
準優勝:野間道場

最優秀選手賞:河江 到和(専)
優 秀選手賞:佐々木 七緒(日)・松澤 匠記(丹)

2017/05/28 直心流会 審判・補助員研修会

去る、528日(日)直心流会 審判・補助員研修会が、名古屋市北スポーツセンターで開催されました。

宗家を筆頭に師範、指導員、および道場指導員と大会補助員が集結し、審判部長のもと、審判および補助員の技術向上に取り組みました。

 

研修会では、まず座学にて全日本空手道連盟の競技規定の確認と解説、当会の選手権大会での申し合わせ事項の確認を行い、実技では実際に選手を交えて実践形式での指導をして頂きました。本研修会に参加した指導者は、今回得た経験を自身の審判技術向上に繋げて頂きたいと思います。

 

組手選手として参加した会員諸君、ご苦労様でした。今回得た経験は必ず皆さんの力となります。研修会で学んだ点や指導された点を道場に持ち帰り、稽古の課題として更なる競技力の向上に繋げましょう!!

2017/05/16 平成29・30年度 直心流会育成委員会 役員発表

平成29・30年度の直心流会育成委員会の役員が決定しました。
各道場から選ばれた委員の皆様におかれましては、大会や寒稽古など当会行事でのご協力のほど、よろしくお願い致します。


■平成29・30年度 役員一覧
 会     長:舟橋 薫      (心成館)
 委 員 長:石川 明里   (鍾念)
副委員長:小川 真衣香(野間)
副委員長:本多 尚代   (専心塾)
 書     記:副委員長が兼任
 会     計:上田 純子   (奥田)
会計監査:鈴木 仁美   (奥田)
委員:
・杉江 幸子   (征心館)
・松木平 美佳(征心館)
・水野 綾子   (丹羽)
・大橋 千珠   (丹羽)
・伊藤 早恵   (鍾念)
・水野 純一   (平針)
・水野 由美   (平針)
・岩田 圭子   (野間)
・江尻 幸子   (専心塾)
・佐野 京子   (日比野)
・坪井 由希美(日比野)

※順不同

2017/04/30 平成29年度 前期統一昇段・級(1・2級) 審査会

去る、4月30日(日)名古屋市北スポーツセンターにおいて、前期統一昇段・級(1・2級)審査会が開催されました。
宗家からは、入門時に習う初歩的な立ちである結び立ちや、前屈立ちの足幅や足の向き、膝の曲げ方など、初歩的な部分が疎かになっていると厳しく注意を頂きました。
級位や段位が上がったからといって基礎を疎かにせず、道場で練習に対する姿勢を見つめ直し、基礎練習から真剣に取り組んで頂きたいと思います。

【形演武上の留意点】  
視線・気合・演武線・残心・技の緩急・形態の保持・決め
【全日本空手道連盟が指導する「安定した立ち方」の留意点】
足の位置・爪先の方向・膝の曲げ方・重心

【段位合格者】
少年初段位:
・岩田 蒼憲(野)
・佐野 遥紀(日)
・杉江 由成(征)
・鈴木 温人(野)
・佐野 佑真(日)

一般初段位:
・今枝 浩太郎(専)

2017/03/05 直心流会強化練習会

去る、3月5日(日)名古屋市北スポーツセンターにおいて、直心流会強化練習会が開催されました。
強化練習会では指導部長のもと、各支部の師範および指導員が参加者に対して組手競技の指導を行い、基本的なステップワークから突きや蹴りなどのコンビネーション技の練習、実際に防具を着けた試合による実戦形式の練習が行われました。また、県大会にエントリーしている会員に対しては、大会で打つ形の留意点や演武時のポイントなどが指導されました。
強化練習会は、他支部の師範並び指導員から指導を受けられる貴重な機会です。会員の皆さんはこの機会を逃さず、積極的に参加し、競技力を高めることに繋げて頂きたいと思います。

2017/02/05 後期指導者研修会

去る、2月5日(日)名古屋市北スポーツセンターにおいて、直心流会後期指導者研修会が開催され、宗家を筆頭に、師範、指導員、および道場指導員が集結しました。研修会では、宗家から指導の在り方など指導者の基礎を講義して頂き、その後指導部長のもと昇段試験項目の一つである武器形「釵」を指導して頂きました。
各指導者は、本研修会で学んだ事を各支部の会員に正しく伝えて頂き、昇段試験を目指す会員の皆さんは釵の技を習うだけでなく、釵という武器に対して理解を深めて頂きたいと思います。

【釵(サイ)】
釵(サイ)は琉球古武道で使用される武器の1つです。釵という漢字は、本来「かんざし」という意味であり、武器の形がかんざしに似ていることから、釵と表記されるようになったと言われています。釵(サイ)の基本技法には、突く、受ける、引っかける、投げる等があり、構え方によって技法を使い分けています。釵(サイ)の構え方には、払い打ちや突き等の攻撃に秀でた「順手持ち」と、正拳突きや、下段払い等の攻防に優れた「逆手持ち」の2種類があり、「逆手持ち」が構えの基本になっています。釵(サイ)の武器形では、順手と逆手の持ち換えにより、攻撃と防御の流れる様な動作を行います。
審査項目の釵(サイ)の形は、突きや打ち払いや防御など、基本技能を組み合わせた形です。弐段位合格を目指す者は、扱う武器の特性や危険性を理解し、自己修錬に励んで頂きたいと思います。

2017/01/28~29 平成28年度 愛知県(名古屋市)地域社会空手道指導者研修会

去る、1月28日(土)~29日(日)の2日間に渡り、愛知県武道館で愛知県(名古屋市)地域社会空手道指導者研修会が開催され、全日本空手道連盟より招かれた講師名と地元講師の4名もと、和道流、剛柔流、糸東流、および松濤館の4大流派に所属する指導者約100名が指導を受けました。
今回の研修会では、各流派の基本形と指定形の指導が主となり、分解と解説、審判時の採点ポイント(技の難易度や完成度)を、実際に形を打ちながら細かく指導して頂きました。
師範ならび指導員クラスは、直心流会の研修会だけでなく、外部での研修会など機会があれば積極的に参加し、自身の技術を高めると共に、道場生へ学んだことを伝えて頂きたいと思います。

CONTACT

愛知県名古屋市を中心に、伝統空手道を通じて青少年の心身鍛錬を行っています。

ABOUT

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP